« PREMIUM VOYAGEUR | Accueil | 2009年舞台みおさめ »

29/09/2009

いよいよ…?

夫婦別姓導入へ…政府、来年にも民法改正案
政府は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める選択的夫婦別姓を導入する方針を固めた。

早ければ来年の通常国会に、夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で調整を進める。現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記され、約60年ぶりの大幅改正となる。

夫婦別姓の導入は、政権交代により、衆院選の政策集に「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した民主党を中心とした政権が誕生したことによるものだ。民主党は、1998年に民法改正案を共産、社民両党などと共同で国会に提出したが、自民党が「家族の一体感を損ない、家族崩壊につながる恐れがある」などと強く反対して廃案となった。その後も、毎年のように共同提出してきたが廃案となってきた。

一方、法務省も、96年の法制審議会(法相の諮問機関)で選択的夫婦別姓の導入が答申されたことを受け、夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案をまとめた経緯がある。強い反発を示してきた自民党が野党に転じ、与党と法務省の考えが一致し、政府提案による法改正が可能となった格好だ。

民主党などの民法改正案は、(1)結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる (2)結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる――ことが柱で、おおむね法制審答申に沿った内容だ。

しかし、別姓を選んだ夫婦の子の姓に関しては、法務省案が「複数の子の姓は統一する」としているのに対し、民主党などの案は子の出生ごとに決めるとしており、今後調整する。千葉法相は17日の就任会見で、夫婦別姓導入に前向きな考えを示した。

(2009年9月27日03時01分  読売新聞)

|

« PREMIUM VOYAGEUR | Accueil | 2009年舞台みおさめ »

Commentaires

mikaりん

秋晴れが続くいい気候ですね。

さて、夫婦別姓問題どうなるでしょうか。
以下、亀井大臣の14日の発言、

「姓が別でなければならないという心理がよく分からない。夫婦、子供で姓が違う。家がアパートみたいになって、表札が全部違う形になるのがよいのか」

(2009.10.14 18:55 MSN産経ニュース)

ところで、野暮な質問かも知れないけれど、
フランスではどうなってるの??

Rédigé par: hageo | 15/10/2009 09:50

hageo
フランスは別姓選択制だと思う。
それとは別に連帯市民協約PACSがあって
私はこういうのが、いつか
日本でも導入されたらいいなって思ってる。

なんか、テレビを見てると
法律が変わったとたんに、みんなが絶対
夫婦別姓にしないといけないと
勘違いしている人が多いように思うんだけど…。

いままで通りの結婚をしたい人はすればいいし
夫婦別姓にしたい人はそうすればいいだけで
その割合はそんな劇的に増えないと思うんだけどね。

要は、生き方を選べるってことが
大切だと思うんだけど…。

Rédigé par: mika | 15/10/2009 10:52

mikaりん

> 連帯市民協約PACS

へぇ~。wikipediaで見てみました。

この手の問題はとっても難しいわ。
文化や歴史の違いが根本にあるし、夫婦の問題となると子どものことがもれなくついてくるしね。

今のところ、フランスではこの制度を利用するカップルには養子縁組は認められていないとのこと。

法律やルールっていうのは、1つできると、何かの問題はとりあえず解決するのだけれど、それに付随する問題が雪だるま式に増えていく気がする。

人間が存在する以上、永遠のテーマね。

Rédigé par: hageo | 15/10/2009 14:16

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« PREMIUM VOYAGEUR | Accueil | 2009年舞台みおさめ »