« 静かなとき | Accueil | 神戸début »

17/03/2007

天国と地獄

教育テレビの地理の科目でフランスの食文化を紹介するプログラムが放送されていた。

へえ、最近の高校生はこんなの学校で見るんだ…と見ていたら、担当の先生が「ヨーロッパの国民性をあらわした”天国と地獄”というジョークをご存知ですか?」と言う。

なんでも4つの職業をどの国民が担当したら”天国と地獄”かって話らしい。

天国では
銀行家をイギリス
警察官をドイツ人
シェフをフランス人
ウェイターをイタリア人
が、担当して

地獄では
銀行家をイタリア人
警察官をフランス人
シェフをイギリス人
ウェイターをドイツ人
が、担当するらしい。

なるほど…と笑ってしまったので、やっぱりこれはジョークなんでしょうかね。

そして色々バリエーションはあるらしいが、どんな場合もフランス人がシェフを担当するのが天国なんですって。

|

« 静かなとき | Accueil | 神戸début »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 静かなとき | Accueil | 神戸début »