« 居心地のいい距離 | Accueil | パリはすぐそこ »

10/01/2005

またもや天災

image_7277968_96_72昨夜いつものようにフランスのニュースをネットで視聴していた。夕べのトップ・ニュースは連日続いていたスマトラ沖で起こった津波被害に代わり、またすごい嵐が北ヨーロッパを襲ったという話。何でも最も被害の多かったスウェーデンをはじめ、デンマーク、ドイツ、ポーランド、ロシア、イギリス…と、かなり広範囲を襲ったようだ。なんだか「嵐」と書くとよわっちい感じがしないでもないけれど、ヨーロッパでは日本の台風のような被害にはこのTempête=嵐という言葉が用いられる。ドイツでは181km/hに達したらしい。日本と表記方法が違うので一瞬目を疑ったけど、よく考えてみると昨年の広島を襲った台風と同じくらいだろうか・・・?とにかく大きなトラックがゴロンゴロンと道路を転がる様にあっけに取られていた。
それに対してチェコのプラハでは連日10度を超える観測史上まれに見る暖冬らしい。まあ東ヨーロッパの冬は厳しいのが普通だから、これも気持ちの悪い話。
昨年から続く天災・・・。もうそろそろ勘弁して欲しい。

|

« 居心地のいい距離 | Accueil | パリはすぐそこ »